舞台

ノーザランMAP.png

アトラタン大陸最北東の地ノーザラン。
7人の諸侯と一人の王が治める土地。
厳しい気候の中ではあるが、争いは少ない国であった。
貧しくも人々は強く生きていた土地。
だが、そんな極地の国に暗夜が訪れようとしていた――――

プレキャンペーン

シーズン0はキャンペーンが始まる直前までの状況である。ノーザランは長らく、雪に閉ざされ、過酷な状況にあった。

概要

ノーザランはアトラタンでも最北東の地であり、その広くが雪で覆われた土地である。 『忘れられた土地』と呼ばれるノーザランは極大混沌時代の影響が大陸で最も濃く残っている土地。 混沌濃度が高く人々は未だ生活がままならない状態。 多くが雪で覆われており、生きていくには過酷だが、それでも人々は懸命に生きていた。

主要都市

不凍港都市ムルマンスク

極地にありながら凍らぬ港として、ノーザランの中心となっている都市。 交易の中心となっており、中心の丘には王城がそびえる。

ノリリスク

最北にある都市。港街であり、バリスタを備えた海の猛獣を狩る為の船がいくつも並んでいる。 産業はあまり多くはないが造船技術があり、雪上船も数は少ないが作成されている。

アストラハン

ノーザランにおける穀倉地帯で、ライ麦が広く生産されている地域。 アストラハンの街にはライ麦や作物が広く集められ、ノーザランの中では、3番目に商業が盛ん。

パラナ

最も東に位置する都市。常に雪に閉ざされた土地であり、外部と最も隔絶されている。 ただ、都市は昔の遺跡を利用しており、広い地下空間に街が存在する。

ペルミ

内湾近くにある、イルクーツク、カザン、パラナをムルマンスクに結ぶ国内貿易の中心都市。 経済力が高い反面、治安があまりよろしくない。

サマーラ

軍事的な要所となる都市。周囲に魔境が多く、また他国と小競り合いが起こっている地域。 同時に国外から人や物が入ってくる場所でもある。 城塞都市は最も防備が高い。

カザン

国の中心に位置する場所にあり、遺跡の上に建てられた都市。 中心部の丘には城ではなく巨大な祭壇があり、 儀式や祭を行う時などは王家の者がやってくる。

イルクーツク

サマーラとパラナを結ぶ街道の中心にある都市。 山岳部に建てられており、都市の周囲には鉱山が多数存在する。

主要NPC

エカチェリーナ・レオノヴァ

ロード/パニッシャー:メサイア レオノヴァ王家の姫君。先代のイサーク王の娘。聖印の規模は辺境伯。 高い聖印の力を既に持っているが、直接戦闘は不得手。 レオノヴァ家が受け継いでいる《願望成就の印》の力によって、この国から混沌を消すことを使命としており、 我儘な側面もあるが、使命の重さを誰よりも理解している。年の頃16。

添付ファイル: fileノーザランMAP.png 120件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-31 (土) 14:44:27 (2703d)