『黄昏の戦乙女団』トワイライトメイデン 団長:シェスティナ(PL:碧)

資源

食糧技術鉱物森林資金
611164

概要

トワイライトメイデンはヴァルハラ界のヴァルキリーを信奉し、戦いを好み、戦に身を投じる者たちが集った傭兵団である。
戦いがある場所に現れては、片方と契約し、鮮烈な戦いを行うという。団の傭兵たちはみな悉く戦いを好んでおり、
金よりも、誇りを重視し、名誉ある戦での死を遂げることを多くのものが目的としている。
そのため、報酬はあまり高いほうではないが、一方で、食料の補給を多く求める傾向にある。
必要とあらば略奪は行うが、食料をしっかりと補給し、契約で縛っている限りは手を出すことはない。

副団長:ヘルヴォル

この団の団長は基本的にレイヤー:ヒロイックでヴァルキリーのものが務める事が慣例となっている。
特に古参の傭兵たちを中心に、彼らはヴァルキリーを信奉しており、死後ヴァルハラへ魂を誘われる事を望んでいる者が多い。
そういった関係もあり、団長はあくまで象徴的な存在であり、当代の団長はヴァルキリーの投影体であるシェスティナが務めているが、それまでは現副団長であるヘルヴォルが務めていた。彼女は屈強な戦士であり、好戦的な性格をしている。
ノーザランへやってきたのも、ヘルヴォルがノーザランで戦が巻き起こることを嗅ぎ付け、シェスティナを通じて号令を出したためである。

団のルール

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-07 (日) 15:56:22 (2098d)