独立魔法士

独立魔法士というのは、ノーザランに所属しているが、特定の君主には仕えない魔法士の事です。
魔法士は通常アカデミーに所属して活動するか、君主に仕えており、それ以外の場合ほとんどは闇魔法士とされてしまいますが、
独立魔法士は、エカチェリーナ女王がアカデミーに要請して、ノーザランの地にのみ置かれた役職です。

独立魔法士になるためには

独立魔法士たちは、魔法士協会で一定の実力が認められた魔法士にのみ認定され、
各門派の長から承認される事でなることができます。

義務と権利

独立魔法士たちは国に所属し、その成果を国に報告しなければなりませんが、
一方で比較的自由に研究などを行うことができます。
また、研究だけでなく、混沌討伐などで活躍することでも評価に繋がり、
その在り方は多様です。

とある独立魔法士の一日

 独立魔法士の朝は早い。暁も見えぬ薄暗い中起床し、身支度を整え、
庭の薬草畑の混沌濃度を調整してから水をやり、朝餉にヤギのミルクと
干し果実入りのビスケットを食べながら読書にいそしむ。
午前は工房の中に再現された異界のような空間から植物を採取し、分析。
昼は黒パンを根菜を煮込んで作ったスープに浸して食べつつ、砂糖菓子で糖分を補給する。
午後は書物を取り出し、羊皮紙に計算結果や実験結果の経過をまとめ、
夕方には納品予定が近いアーティファクトに魔法を付与(エンチャント)する。
黄昏を眺めながらローストした鶏肉を葉物野菜と共に食し、
蝋燭を灯して一日の研究成果の振り返りを確認する。
就寝前には屋上に出て星の運行を観察し、
眠気が出てきたころに床に入る。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-15 (木) 23:51:18 (2718d)