SandBox

スプリガン(ノーザランの姿)
コンセプト:武具巨大化、強化と邪紋使い自身の小型化、大型化、
身体能力増大をメインに据えた前衛技能。

結果ドラゴンやエーテルが混ざった模様。
7/16 仮運用出来るとこまで作成したつもりです。
スタイル表
筋力 反射 感覚 知覚 精神 共感 HP修正 MP修正 HP成長 MP成長
3  1  1  0  1  0  15   9    11   5


《規格外の膂力》	種別:邪紋(自動/強化)	最大Lv:5
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
常時  	自動成功	自身	―	―	―	○
フレイバーテキスト
大剣、槍、大弓などを軽々と使いこなす力を得る邪紋。
あなたにとって短剣も大剣も大した差はない。
効果
あなたは装備すべての重量をLV×2だけ軽いものとして装備できる。重量の最低値は1とする。
さらに特技のレベルが1上がるごとに装備すべての命中修正、回避修正、行動修正、移動修正のどれかに
+1の修正を得る。最大値は0とする。
ただし装備していない武具にはこの効果は及ばない。
装備している武器の重量を参照する特技を使った場合、軽減する前の数値を用いること。
さらに名称:素手の攻撃力に+(LV×2)し、〈力技〉の技能レベルを+1する。
エラッタ
なし
《武装拡大》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:5
タイミング  判定	対象	射程	目標値	コスト	MC
常時	    ー	自身	―	―	―	○
フレイバーテキスト
手にした武具を巨大化させる邪紋。
邪紋の影響を受けた武器の重さ、巨大さは単純に威力と頑強さをもたらす。
射撃武器は多量の矢弾を放つことも出来るようになる。
効果
名称:素手を除く、あなたが装備中の武器の重量に+[LV×2]、攻撃力、ガード値に+LVし、
攻撃修正に用いられる能力値を【筋力】、装備部位をメイン※、種別を巨大武器に変更する。
種別の()内は変更されない。
また、射撃武器が効果を受ける場合1LVごとに攻撃力の代わりに命中修正に+1してもよい。
この特技の効果で命中に修正を受けた射撃武器で攻撃を行う場合、命中+1につき
種別:その他(使い捨て)の矢、弾などの消費個数が+2される。
エラッタ
なし
《片手保持》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:3
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
常時  	自動成功	自身	―	―	―	○
フレイバーテキスト
驚異的な保持能力をもたらす邪紋。
あなたは物を保持するのに指を掛ける必要はない。開いた手を添えているようにしか見えなくとも、
あなたが指に力を込めるだけでそれは万力で固定されたかのようにあなたの手から引き剥がすことはできなくなる。
効果
あなたは種別:弓以外の装備部位:メイン※の武器を装備部位:メイン/サブとして装備してもよい。
エラッタ
なし
《巨装の戦技》	種別:邪紋	最大Lv:3
タイミング  判定	  対象	射程	目標値	コスト	MC
常時     自動成功  自身	―	―	―	○
フレイバーテキスト
スプリガンとしての邪紋で得た力を存分に発揮するスタイル。
得た力を武器に注ぐことでさらなる威力を発揮できる。
効果
 あなたがメインの防具に重量4以下の種別(防具/布)か種別〈防具/革〉の
装備をしている場合、メインで装備している武器の攻撃修正に+(〈力技〉LV×特技LV)する。
エラッタ
なし
《不沈の巨体》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:5
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
セットアップ  自動成功	自身	―	―	4	○
フレイバーテキスト
一瞬でその身を見上げるほどの巨体に変化させる邪紋。邪紋使いによって単純な巨大化から容貌の変化、体型の変化を伴うものも存在する。
あなたはその巨体にふさわしいタフネスを得るだろう。
効果
そのシーン中、あなたは[LV×10]の追加HPを得る。追加HPの最大値は[特技LV×10]とする。
追加HPは1シーンに1回しか得ることが出来ず、HPダメージを適応するときに先に減少させ、回復することはない。
また、〈武器〉〈衝撃〉〈炎熱〉の防御力とガード値に+LVし、〈頑健〉のレベルに+1する。
《疾く駆ける影》の効果時間中であった場合、それを打ち消す。
エラッタ
なし
《疾く駆ける影》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:5
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
セットアップ  自動成功	自身	―	―	4	○
フレイバーテキスト
武器はそのままにその身を小柄な姿に変える邪紋。邪紋使いによって単純な縮小、頭身の変化、多少の容貌の変化を伴うものも存在する。
軽さを得た体は素早い機動を生み出し、様々な動きの助けになるだろう。
効果
そのシーン中、あなたは命中判定、回避判定に+LVの修正を得る。
また、〈運動〉のレベルに+1する。
《不沈の巨体》の効果時間中であった場合、それを打ち消す。
エラッタ
なし
《不飾の戦舞》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:3
タイミング	 判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
セットアップ  自動成功	自身	―	―	3	○
フレイバーテキスト
それは技術もなく、研鑽もなく、熟達もない。
己の能力をぶつけるだけのシンプルな戦い方。
効果
あなたは技能〈格闘〉〈軽武器〉〈重武器〉〈射撃〉による命中判定を〈力技〉で代用してもよい。
そのラウンドあなたは武器攻撃のダメージ修正に+[LV×2]、回避の判定に-1Dの修正を受ける。
エラッタ
なし
《強襲の疾走》	種別:邪紋	最大Lv:3
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
イニシアティブ	自動成功	自身	―	―	5	○
フレイバーテキスト
爆発的な移動を行う邪紋。
どれほど巨大な装備を持っていてもあなたはいち早く最適な位置取りを行える。
効果
1ラウンドに1回、1シーンにLV回まで使用できる。
あなたは全力移動を行う。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、移動終了まで飛行状態として扱う。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、この特技の効果で移動中、障害物、地形などによる移動力への修正を無視する。
さらに移動力を3消費することで、斜めのマスに2マスまで移動できる。
この時隣接するマスに敵対する存在がいてもその影響を受けない。
エラッタ
なし
《膨張する武装》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	射程	目標値	コスト	 MC
マイナー  	自動	自身	―	―	効果参照 ○
フレイバーテキスト
攻撃の直前に武器を強化する邪紋。
維持が難しく効率も悪いが、恒常的な強化に比べて効果は高い。
効果
このラウンドのクリンナップまでの間、あなたがメインに装備している武器の重量を1~5までの数値で宣言した分だけ増加し、
攻撃修正に+(宣言した数値×2)だけ加算する。消費するMPは(宣言した数値×2)となる。
特技レベル3で宣言できる数値の範囲が1~10になり、特技レベル5になると
加算される攻撃修正が(宣言した数値×3)に変更される。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、宣言した数値に+3されたものとして攻撃修正が加算される。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、移動力半分(端数切り上げ)で移動を行える。
エラッタ
なし
《鉄槌の一撃》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	 対象	射程	目標値	コスト	MC
メジャー    〈格闘〉 単体	武器  対決	6 	○
フレイバーテキスト
己の手足による攻撃。
増幅された力は鎧を紙のように裂き、跳ね上げれば梢より高く飛ばし、塔を殴れば傾ける。
効果
素手による攻撃を行う。その攻撃のダメージに+(LV)Dし、対象の〈武器〉属性の防御力を
-(特技LV×3)してダメージを計算する。最低値は0とする。
さらに対象は〈衝撃〉属性の(特技LV)D+[特技LV×10]の追加ダメージを受ける。
追加ダメージに対しては特技や魔法によるダメージの追加修正は一切無効とする。受け身による軽減が可能。
また、構造物に対して[特技LV×10]のダメージ修正を得る。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、対象が飛行状態であればその飛行を解除する。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、射程に+1Sqする。
エラッタ
なし
《降り注ぐ巨石》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	 対象	射程	目標値 コスト MC
メジャー	射撃   単体 3   対決  7   ○
フレイバーテキスト
巨大な岩を作り出し、放り投げる。
なんてことはないように行われるそれは甚大な被害をもたらす。
効果
射撃攻撃を行う。命中判定は〈力技〉か〈射撃〉で行い、回避に失敗した対象に
〈衝撃〉属性の[特技LV×2]D+[特技LV×5]ダメージを与える。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、対象を範囲1に変更できる。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、素手攻撃扱いで判定は〈力技〉か〈格闘〉、射程を0、効果を
「回避に失敗した対象は(特技LV)mから落下したものとして落下ダメージを受ける」に変更できる。
エラッタ
なし
《振り下ろされる巨刃》	種別:邪紋(攻撃)	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	   射程	目標値	コスト	MC
メジャー  	武器	直線LV/2 武器	対決	7	○
フレイバーテキスト
天をつくほどに巨大な武器、あるいは矢弾が直線的に相手を一掃する特技。
武器にオーラを纏わせたり武器そのものが伸びたりする。
効果
対象:直線(LV/2)(端数切り上げ)に対して攻撃を行う。自身は対象に含まれない。
ダメージ属性に〈衝撃〉を追加する。
エラッタ
なし
《変異する魔鎧》	種別:邪紋(防御)	最大Lv:5
タイミング          判定	    対象 射程	目標値	コスト	 MC
ダメージロールの直後     自動成功 	自身 ―	―	効果参照 ○
フレイバーテキスト
攻撃を受ける直前、スプリガンの強化能力を鎧に注ぐ特技。
刃が食い込もうとそのさなかにも鎧は厚みを増し、攻撃を退ける。
効果
そのメインプロセスの間、あなたがメインに装備している防具の重量を1~5までの数値で宣言した分だけ増加し、
〈武器〉〈衝撃〉〈炎熱〉属性の防御修正に+[宣言した数値×2]だけ加算する。消費するMPは(宣言した数値×2)となる。
特技レベル3で宣言できる数値の範囲が1~10になり、特技レベル5になると
加算される防御修正が(宣言した数値×3)に変更される。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、宣言した数値に+3されたものとして防御修正が加算される。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、その攻撃に付与された硬直、放心、捕縛の効果を受けない。
エラッタ
なし
《財宝の守護者》	種別:邪紋(防御)	最大Lv:5
タイミング          判定	    対象  	射程	目標値	コスト	MC
ダメージロールの直後     自動成功 	範囲LV(選択)―	―	8	○
フレイバーテキスト
相手の攻撃に呼応して巨大化した武具は自身のみならず周囲の味方さえ覆い守る。
それはあたかも価値ある宝物の前に立ちふさがる巨人のごとく。
効果
対象に対しあなたのデータでガードの効果を与えることが出来る。
この時タイミング:ガードの特技を同時に使用してもよい。
対象はこの特技の効果を受けていても自身でガードを行うことが出来る。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、射程を1sqに変更する。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、対象:単体、コスト:8-特技LVに変更してもよい。
エラッタ
なし
《妖精の守護者》	種別:邪紋(防御)	最大Lv:5
タイミング	判定	    対象  	射程	目標値	コスト	MC
ガード  	自動成功	    	―	―	3	○
フレイバーテキスト
炎、風と言った元素の力に親しむティル・ナ・ノーグ界の住人のように、
武器による攻撃以外のダメージにも対応する力を得る邪紋。
効果
あなたがガードを行う時、〈衝撃〉〈炎熱〉属性のダメージにも適用できる。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、ガード値に+【筋力】する。
特技LV3でさらに+【筋力】し、特技LV5になると得られる修正は【筋力基本値】に変更される。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、ガード値に+[〈運動〉LV×特技LV/2(端数切り上げ)]する。
エラッタ
なし
《捉えきれぬ影》	種別:邪紋	最大Lv:1
タイミング	判定	対象	射程	目標値	コスト	MC
効果参照  	自動  単体	―	―	5	○
フレイバーテキスト
強化した身体能力でフットワークを交えた攻撃を行う。
次へ備えた足運びは、攻撃を終えた後さらなる一歩を可能にする。
効果
攻撃終了後、自分が存在するマスに敵が存在しなければ移動力1で移動してもよい。
1ラウンド1回。
エラッタ
なし
《荷運び》	種別:邪紋	最大Lv:3
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
効果参照  	自動  効果参照 ―	―	4	○
フレイバーテキスト
戦場を駆け回りながら味方を抱え、そのまま運び、望むところで下ろす特技。
強化された腕と足の力が成せる、常識外の機動戦術。
効果
あなたが移動を行う時、移動開始時、移動途中の経路に味方がいた場合、味方とともに移動を行うことが出来る。
ただし自分以外の味方二人以上と同時に移動はできない。
ともに移動している対象はあなたの任意で移動を終えることが出来る。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、同時に移動できる自分以外の味方の数が二人までになる。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、敵が存在するマスで停止する場合、味方を
そのマスから任意の方向の隣接するマスに移動させてから移動を終えることが出来る。
エラッタ
なし
《打ち上げの足場》	種別:邪紋	最大Lv:3
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
効果参照  	自動  効果参照 ―	―	3	○
フレイバーテキスト
味方の移動時に自らの身体を足場とし、そのまま上へ跳ね上げることで移動を助ける特技。
高低差のある地形では特に効果が高い。
効果
1ラウンドに1回使用可能。あなた以外の味方が移動を行う時、あなたが存在するマスと同じマスに
居るときに移動中の味方を飛行状態にすることが出来る。飛行状態はその移動が終了するまでの間持続する。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、1ラウンドに特技LV回まで使えるようになる。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、この特技の効果を与える味方の移動力に+特技LVする。
エラッタ
なし
《人混みの迷彩》 種別:邪紋	最大Lv:3
タイミング	判定	対象	射程	目標値	コスト	MC
マイナー  	自動  自身	―	―	6	○
フレイバーテキスト
あえて数の多い敵の元へ飛び込むことで外部からその身を隠す特技。
接近してる相手には効果はないが横やりが入らなければあなたには全く問題ない。
効果
自分と同じマスに敵が2体以上いないと使用できない。
あなたは隠密状態となるがあなたと同じSqにいる相手には効果がない。
また隠密状態を看破する判定へのリアクションに〈隠密〉ではなく〈運動〉でリアクションを行える。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、この特技の効果をタイミング:回避判定の直前に変更し、
「1ラウンド1回。あなたが種別:攻撃で範囲(選択)の効果を受けた時、
あなたと同じマスに居る対象一体と〈運動〉による対決を行う。あなたがこの対決に勝利した場合、
あなたは攻撃へのリアクションに失敗し、対象一体にも攻撃の効果を与えさせる」に変更する。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、自分と同じマスに居る敵が一体であってもこの特技を使うことが出来る。
エラッタ
なし
《血流の制御》	種別:邪紋	最大Lv:1
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
常時  	自動  効果参照 ―	―	―	○
フレイバーテキスト
筋肉を強く収縮させることで血に混ざった毒を絞り出したり、出血を抑える特技。
効果
あなたの毒、出血により受けるダメージを半分(端数切り上げ)にする。
また瀕死状態LV3で発生するHPの減少を受けなくなる。
エラッタ
なし
CL5
《無双の剛力》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	射程	目標値	コスト	MC
常時	    自動	自身	―   ―	― 	○
フレイバーテキスト
力を強化するスプリガンのアーティストの中でもさらに腕力に特化した存在。
あなたにとってはもはや大剣もランスも指先で扱う代物だ。
効果
 《規格外の膂力》の特技レベルと最大レベルにこの特技のレベルを加算する。
エラッタ
なし
《瞬間変化》	種別:邪紋()	最大Lv:5
タイミング	判定	 対象	射程	目標値	コスト	MC
効果参照  	―  	 自身	―	―	3	○
フレイバーテキスト
あなたは状況に応じ、自在に自らの肉体を変化させることが出来る。
回避の一瞬だけ素早さを増したり移動のときだけ巨体に変化させることなど、その性質を自在に使いこなす。
効果
 スプリガンの特技を使う直前に使用できる。
《不沈の巨体》《疾く駆ける影》の特技を使用でき、スプリガン特技の判定値に+LV、ダメージ、ガード値に+LV×2する。
この時、効果時間を「あなたが使用した特技のタイミングが終わるまで」に変更してよい。
その場合、使用した特技のタイミングの終了後、あなたが受ける《不沈の巨体》《疾く駆ける影》の効果は
《瞬間変化》を使う前の状態に戻る。
エラッタ
なし
CL10
《さらなる変貌》	種別:邪紋(強化)	最大Lv:5
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
セットアップ  自動成功	自身	―	―	5	○
フレイバーテキスト
強化した自らの身体により著しい変化をもたらす邪紋。
巨大さはまし、敏捷さはもはや目に映らない領域となる。
効果
このシーンの間《不沈の巨体》、《疾く駆ける影》の
特技レベルと最大レベルに《さらなる変貌》の特技レベルを追加する。
エラッタ
なし
《巨人の重刃》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	射程	目標値	コスト	MC
常時	    自動	自身	―   ―	― 	○
フレイバーテキスト
武具を強化する邪紋の力が際限なく増していく特技。
巨人種にさえ一回り大きな武具となるほどの巨大さと重量をもたらす。
効果
 《武装拡大》の特技レベルと最大レベルにこの特技のレベルを加算する。
エラッタ
なし
CL20
《流星の一撃》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	射程	目標値  コスト	MC
メジャー	武器	十字	武器  対決	  30 	○
フレイバーテキスト
あなたが空へ放った武器はみるまに大きく膨れ上がり、狙いあやまたず敵の一団の中へ落ちる。
十分な重さと速さをもった落下物は爆発を伴いすべてを吹き飛ばす。
効果
 対象に射撃攻撃を行う。使用技能は武器に設定された技能である。ダメージ属性に〈炎熱〉を追加し、
ダメージに[LV×2]Dのダメージボーナスを得る。
エラッタ
なし
CL30
《崩天の一撃》	種別:邪紋	最大Lv:5
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
メジャー	武器	効果参照 武器 対決	50 	○
フレイバーテキスト
規模も伺えないほど巨大な武器による、天そのものが崩れ落ちてきたかのような一撃。
逃げることも防ぐことも考えに及ばない一撃は呆然と見ることしか許されない。1シナリオ1回のみ
効果
 目標から2Sq以内のすべての対象に攻撃を行う。自分は対象に含まれない。
ダメージ属性に〈衝撃〉〈炎熱〉を追加し、ダメージに+[特技レベル×20]の修正を得る。
この時リアクションを行う前に《崩天の一撃》の達成値を目標値に〈意志〉技能で判定すること。失敗するとリアクションは行えない。
エラッタ
なし
偉業
《限界を超えし肉体》	種別:邪紋(偉業)	最大Lv:1
タイミング	判定	    対象	射程	目標値	コスト	MC
イニシアティブ	自動成功	自身	―	―	天運3	○
フレイバーテキスト
邪紋により強化され、変化した肉体に更に邪紋の力を注ぐ偉業特技。
限界を超えた先にあるのは栄光か破滅か。
効果
あなたはこのシーンの間、現在のHPと最大HPを[〈力技〉LV×5]だけ増加する。
さらに命中判定に+〈力技〉LVの修正を受ける。
《不沈の巨体》の効果を受けている場合、このシーンの間毎ラウンドのセットアッププロセスに
[〈頑健〉LV×5]の追加HPを得る。追加HPの最大値は《不沈の巨体》の効果に従う。
《疾く駆ける影》の効果を受けている場合、移動力に〈運動〉LV、行動値に〈運動〉LV×3を加える。
エラッタ
なし
《吹き上がる力の奔流》	種別:邪紋(偉業)	最大Lv:1
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
メジャー	武器	効果参照 武器 対決	天運3 ○
フレイバーテキスト
己の足元に思い切り強烈な一撃を叩き込む。
その衝撃は波紋のように広がり、狙い定めた対象の足元から天高くまで吹き上がる。
効果
目標から2Sq以内の任意の対象に攻撃を行う。自分は対象に含まれない。
ダメージ属性は〈衝撃〉に変更され、ダメージに+(メインに装備している武器の重量)の修正を得る。
エラッタ
なし

別枠特技

偉業
《狂乱の暴君》	種別:邪紋(偉業)	最大Lv:1
タイミング	判定	対象	 射程	目標値	コスト	MC
メジャー	武器	効果参照 武器 対決	天運4 ○
フレイバーテキスト
荒れ狂う邪紋の力で驚くべき行動速度を生み出す偉業特技。
衝動の嵐、静謐なる凪など、その様相は邪紋使いの性質により様々な姿を見せる。
効果
あなたは《狂乱の暴君》以外のメジャーアクションを2回行える。
そのうち1回は攻撃を行わなければならない。
行動後、あなたは硬直、捕縛、消耗のバッドステータスを受ける。
エラッタ
なし
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-25 (火) 01:43:21 (2019d)