『極北の華』ムルマンスク

これはかつて極北の華と呼ばれたころのムルマンスクである。

気候

アトラタン大陸最北部に位置しているということもあり、非常に寒冷な土地。山脈などのない平野ため、降雪量は意外に少ない。沿岸部も、一部の時期を除いて流氷などはなく、国外へ往く船が行き来している。

特徴

ノーザラン最大の都市であり、古くから在る街。石造りの建物は堅牢で、豪華な装飾が施されている。国外との交易を行っている数少ない都市であり、その輸入量はペルミよりも多い。そうした関係もあって、大商人が集まり、金融・保険なども発展している。そうしたこともあり高級住宅街が存在し、貴族に近い地位を持っている。

産業

上述の通り貿易とそれに付随する金融業が発展している。降雪量も少ないため農業を一部行っているが、穀物の生産はアストラハンと輸入作物に依存している。

政治

ノーザランの全てを統括する王権政治。絶対王権に近く、他の領地よりも地位が高い。ムルマンスクはノーザランを統べるレオノヴァ家の直轄地であり、直接的な収入はムルマンスクから得ている。

名所

ズィマー・クレムリン

『冬の城』と名付けられたレオノヴァ家の王宮。その景観は美しく、ムルマンスクで最も美しいランドマークとなっている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-11 (水) 23:13:06 (2458d)