『平和都市』サマーラ

領主伝説
エコー(PL:鳳小鳥)伝承武技

国特徴

国特徴地形産業拠点拠点文化文化
〈大災害〉前寒冷地金属加工城塞城塞好戦的享楽的
オープニング雪原農業運河高級住宅街享楽的呑気
メイン1話変動なし
メイン2話森林官(人物)

資源

資源食糧技術鉱物森林資金
〈大災害〉前2105033
オープニング1113117
メイン1話変動なし
メイン2話1133447

備考

気候

雪がちらつく程度には寒冷地な土地。以前より寒くなったが、雪が積もるのは山岳部周辺のみ。南のスタルクから運河が流れており、沿岸部周辺では農業が幅広く行われている。

大災害の影響

大災害以降のサマーラは城塞がことごとく崩れ、城呼べるものは何もなくなっていた。 夥しい数の巨人の投影体が城を破壊し尽くしたのだ。 だが、混沌はサマーラの住人達にも力を与えた。 老若男女問わず、常に本能を全開にして敵を殺す術、殺覚を会得した。 夥しい数の巨人達も、その力に圧倒され、撤退していった。 以来、サマーラの住人達は隣国含むあらゆる存在を跳ね除けるようになった。

怖れられたサマーラの民は、戦いに明け暮れる必要がなくなり、武器を捨てて鋤や鍬を握るようになる。 街も豊かに発展し、自身の邸宅を持ち始める者達も現れ、高級住宅街が誕生した。

産業

農業が主要産業であるのは変わらずなのだが、0だった輸出が、300%を超える輸出を行うようになった。自国での消費量が減り、農地面積が拡大したためである。根菜類が中心であるが、穀物もしっかり生産されている。

政治

今までと基本的には変わらず、農村ではロードが領主を務めてまとめているが、農民となった者たちが一気に増えたことでロードの数が足りず、従属の新米ロードたちがたくさん増え、そのロードたちを今までロードであった者たちが治めている。非常に数が多く多階層的。 上級ロードたちがサマーラで会議を行い政治が進む形となっている。

名所





サマーラ 資源計算

大災害前

まとめ

オープニング

まとめ

メイン1話

変動なし

メイン2話

まとめ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-28 (水) 03:02:33 (2046d)