『城塞都市』サマーラ

これはかつて城塞都市と呼ばれていた頃のサマーラである。

気候

南部ということもあり比較的温暖で穀物栽培が可能。北部にはタイガの森がある一方、南部は山岳部と平野が広がる。

特徴

その立地上、ノーザラン防衛の要になっている。歴史上南部のスタルクと幾度と無く交戦しており、現在においても小競り合いが起こっている。そうした関係から、レオノヴァ家は代々軍備の多くをサマーラに割いている。サマーラにはノーザラン正規軍、サマーラ軍、傭兵と多様な兵力が揃っており、その三勢力をサマーラ領主は治める形となっている。 また、リタイアしたものや未亡人となったものへの保護は手厚く傭兵にとって暮らしやすい環境となっている。

産業

農業が主要産業であるが、自国で全て消費してなお足りていない。職人もよく集まるが輸出には割けない。この国は対外的な輸出はほぼ0に等しく、傭兵たちが落とす内需で回っている。

政治

各村落に関しては騎士階級のロード達が治める形となっている。サマーラの都市に関しては、ノーザラン正規軍将軍代理、サマーラ軍将軍傭兵のリーダーが強い権限を持ち、その上にサマーラ領主が控えている。形としては中央集権的。

名所

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-06 (金) 19:11:54 (2901d)