『美食の苗床』イルクーツク

領主伝説
ヴェローニカ(PL:ミドリワニ)赤き島(ネソス・エリュテイア)

国特徴

国特徴地形地形産業産業組織拠点
〈大災害〉前山岳寒冷地鉱業金属加工金掘り衆鉱山街
オープニング氷原手工業漁業運輸業者城塞
メイン1話変動なし
メイン2話火山(地形)

資源

資源食糧技術鉱物森林資金
〈大災害〉前1317012
オープニング1083117
メイン1話変動なし
メイン2話1086347

備考

気候

寒冷な島であり、南側には氷原が広がっている。混沌の影響からか、この島では高ければ高い場所ほど暑くなり、低ければ低い場所ほど寒くなる。そのため低地はまともに住める状態ではないが、もとより山岳部が多くあった為、高地で暮らしているものが多い。

大災害の影響

大災害によって、イルクーツクの外縁部の大地は、悉く海に沈んでしまう。イルクーツク周辺は島として残ったが孤立し、また地殻変動の影響や投影体の襲撃により、製錬、採掘関係の設備は壊滅的な打撃を受ける。仕方なく、漁業を始めると、様々な種類の魚が獲れて豊作。また、近隣に投影された島、「赤き島」には非常に美味なる肉の牛を育てる怪物がおり、これと知己になることで、食事の満足度が著しく向上した。加えてアカデミーより派遣されていた技術者達が料理人に転向。イルクーツクで料理文化が花開く。

産業

高地においては農業が行われ、沿岸部では漁業が行われている。また、技術者達による料理人技術が高められ手工業の一種として高められた。保存食も美味なるものが多いと評判になる

政治

イルクーツクは『ファミリー』と呼ばれる形態を取っている。これが混沌によって変わった今でもあまり変化がない。
鉱山が島に変わっただけのことである。
その形態はマフィアに近く、ボスが絶対的な権限を持ち、意思決定が非常に速い。

名所

オールブルー 七色の海

イルクーツク周辺は海の色がそれぞれ違うことがわかってきた。それぞれに生息している魚が違い、寒い海や暖かい海、静かな海や荒々しい海など特性があり、それぞれが魔境となっている。それによって豊富な魚が手に入れることができるようになった。

『大鍋の竈亭』

イルクーツク最大の大衆酒場であり、多くの漁師や住人が利用する。
特別な部屋もあり、イルクーツク家の者も利用する。大して上手くもなかったかつての料理から大きく変貌を遂げ、どの食事も美味であり、コース料理も振舞われるようになった。。

魔境:天剣山

詳細後日





イルクーツク 資源計算

大災害前

まとめ

オープニング

まとめ

メイン1話

変動なし

メイン2話

まとめ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-28 (水) 03:00:19 (2046d)